< > カテゴリー :こちら調剤室 くすり自然堂 ★健康ブログ★

    くすり自然堂 ★健康ブログ★

    静岡市内にドラッグストア・調剤薬局を7店舗運営しています

    | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    >> EDIT

    「ペットボトル症候群」ってご存じですか!?

    ペットボトル
    今年の夏、7月までに熱中症で病院に搬送された人は2万2000人余りに上り、少なくとも100人の方が死亡されたことが分かりました。
    水分補給の大切さは今までにこのブログでもご案内してきましたが、
    一方で、清涼飲料水の飲み過ぎによる「ペットボトル症候群」になる方が増えています。

    500mlペットボトルのスポーツドリンクには角砂糖にしておよそ11個分、
    炭酸飲料やジュースにはおよそ12~13個分の糖分が入っているものもあります。
    糖分の高いドリンクをガブ飲みすることで、急激に血糖値が上昇し、糖尿病にかかっていると、最悪の場合、昏睡状態に陥ることもあるそうです。

    糖分が多く含まれたドリンクでも、1日に1~2本飲む程度なら問題ありません。
    喉を潤す際に、習慣として糖分の多いドリンクを選んでしまうのがいけないのです。
    ノンカロリーの清涼飲料水やお茶、水といった糖分が含まれていないものと組み合わせて飲むことをおすすめします。

    糖分の多い飲み物を飲みすぎないようにすることと、喉が乾いたらキチンと水分補給することに気をつけましょう。
    正しい知識を身につけて、夏場のドリンク選びをしてください。

    ★丸子店は本日・火曜日はポイント2倍デーです!
     皆様のご来店をお待ちしております。
    スポンサーサイト

    | こちら調剤室 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    夏の心筋梗塞にご注意下さい!

    昨日、サッカー元日本代表の松田直樹選手がお亡くなりになりました。

    2日の練習中に心筋梗塞による心肺停止で倒れ、病院に搬送されましたが、意識は回復しなかったということです。。
    一流アスリートでまだ34歳という若さの彼の突然死は本当にびっくりしました。

    「心筋梗塞」は心臓に酸素と栄養を供給している血管が閉塞し、心臓の筋肉組織が死んでしまう病気です。
    寒い冬に起こりやすいと思われがちですが、実は夏にも多く発症します。
    夏は気温が高く、気がつかないうちに汗として体内の水分が蒸発し脱水状態になり、血管内は、いわるゆるドロドロの状態となります。
    炎天下での作業や運動後はもちろんのこと、精神的な緊張感が高まるゴルフ場などでも心筋梗塞は多く生じ、突然死の原因にもなります。

    夏の心筋梗塞の予防には、第一に充分な水分補給を行うことが重要です。
    のどが渇いていなくても「1時間おきに50~100mlの水をこまめに飲む」、「就寝前と起床時にコップ一杯の水分補給」をおすすめします。

    今年の夏は。電力不足から節電が求められていますが、冷房の使用を控えすぎたり、設定温度を高くしすぎたりすると、熱中症だけでなく、脱水症状から脳梗塞や心筋梗塞になる危険が高まります。
    体調を崩すような無理な節電は、くれぐれもなさらないようお願いいたします。

    ★毎週金曜日は5%引になります。お買上げ金額の5%を値引きさせていただきます。
     ※お酒・たばこ・米・ベビー紙おむつ・ミルク等一部除外品がございます。
     ※パルシェ店・丸子店では実施していません。

    | こちら調剤室 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    総合お薬検索 QLife −こちら調剤室−

    薬総合検索

    「まごころ調剤薬局」薬剤師の羽生です。
    「こちら調剤室」では、薬剤師の目から見た、いろいろな健康情報をお届けします。

    皆さんの中でも、iPhoneをお使いになっている方も多いと思います。
    今日は、医師から処方される「処方薬」と薬局で買える「市販薬」、約17,000種類の薬を検索できるiPhoneアプリ『総合お薬検索 QLife 』をご紹介します。

    症状や成分、商品名などキーワードを入力することにより、効果や副作用、保管方法などを調べることができます。
    情報は毎日新しいものに更新されるし、何よりも無料というのがスゴイと思います。

    こんなアプリが普及すると「もう薬剤師なんていらない。」なんて言われそうで恐いですが...。(^_^;
    「まごころ調剤薬局」では、出来るだけ分かりやすく、丁寧にご説明をしてお薬をお渡しするように努めています。

    | こちら調剤室 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    第1類医薬品 ーこちら調剤室ー

    ロキソニン

    「まごころ調剤薬局」薬剤師の羽生です。

    皆さんは「第1類医薬品」という言葉をご存じでしょうか?
    医療用として使用されていた成分を含むなど、症状によっては、 効果の高い医薬品です。
    薬事法改正により、薬剤師が常駐する店舗でのみ販売できるようになりました。
    「第一類医薬品」をお求めの際には使用上の安全性について薬剤師からの情報提供が義務づけられており、
    当社薬剤師より、お薬の効能・効果、使用上の注意、副作用などについてご説明をさせていただきます。
    どうぞお気軽にご相談ください。

    自然堂では池田店以外の店舗で販売しております。
    ※薬剤師不在の場合はご購入いただけませんので、あらかじめご了承ください。

    現在発売されているものには、以下の様なものがあります。
    ・ロキソニンS <解熱消炎鎮痛薬>
    ・リアップX5 <発毛剤>
    ・ガスター10 <胃腸薬>
    ・ニコチネルパッチ20 <禁煙補助剤>
    ・ボルタレンACテープ <腰痛・肩こり>
    ・エスタックイブファイン <かぜ薬>
    ・パブロンエースAX錠 <かぜ薬>

    それぞれの薬の詳細については、またブログでご説明させていただきます。

    | こちら調剤室 | 07:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    >> EDIT

    食中毒予防の基礎知識 −こちら調剤室−

    アルコール除菌スプレー

    「まごころ調剤薬局」薬剤師の羽生です。
    「こちら調剤室」では、薬剤師の目から見た、いろいろな健康情報をお届けします。

    最近ニュースでドイツで発生した大腸菌食中毒が報道されています。
    日本でも焼き肉チェーン店のユッケが原因とされる事故が5月にありました。
    どちらも多くの方がお亡くなりになっています。

    これから夏にかけて、食中毒が激増するシーズンになります。
    そこで今日は、基本的な「食中毒の予防法」についてお話しさせていただきます。

    食中毒予防の3原則は、
     食中毒菌を「付けない(清潔)」
          「増やさない(迅速・冷却)」
          「やっつける(加熱)」

    ・手や食材・食器・調理器具をよく洗い、清潔にすること。
    ・肉、魚、野菜などの生鮮食品は新鮮なものを選びましょう。
     消費期限のあるものは必ず確認を。
    ・凍結している食品を室温で解凍するのは危険。冷蔵庫か電子レンジを使うこと。
    ・水で解凍するときは気密容器に入れて流水で。使う分だけ解凍し、すぐ使うこと。
    ・冷凍・解凍を繰り返すのは避けましょう。
    ・加熱するときは、食品の「中心部を75℃で1分間」を守りましょう。

    包丁、まな板などの調理器具の除菌には、「アルコール除菌スプレー」をおすすめします。
    安全な「未変性エチルアルコール」を使用していますので、スプレー後の水洗いや拭き取りの必要はありません。キッチンや、冷蔵庫。ドアノブ、トイレなど、頻繁に触れる場所の除菌に最適です。

    ■フマキラー アルコール除菌スプレー(付替) 278円
     期限:平成23年6月20日(月)

    | こちら調剤室 | 07:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    | PAGE-SELECT | NEXT >>

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。