< >朝はパン食の方が太りやすい!? くすり自然堂 ★健康ブログ★

    くすり自然堂 ★健康ブログ★

    静岡市内にドラッグストア・調剤薬局を7店舗運営しています

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    >> EDIT

    朝はパン食の方が太りやすい!?



    今週は正月太り対策として、ダイエットの話題を中心にしていきましょう。

    「ダイエットはカロリーにだけ気を付けていれば良い!」というのは、一昔前のことで、
    現在のダイエットの鉄則は、「どれだけ食べるか」ではなく、「いつ食べるか」「何を食べるか」「どうやって食べるか」ということなんだそうです。

    たとえば朝食について考えてみましょう。
    みなさんはパン派ですか?ごはん派ですか?
    次のメニュー内容を見比べて、どちらが太る朝食だと思いますか?

    A.ロールパン2個、目玉焼き、ウィンナー、レタス、ヨーグルト
    B.ご飯、お味噌汁、焼き魚、ほうれん草のおひたし

    正解はA。パン食の方が太りやすいんです。
    一見するとどちらも品数が多くバランスが取れているので、一瞬迷った方も多いと思いますが、
    AとBの決定的な違い、それは「油」の量です。
    ご飯は茶碗1杯分で脂質は0.4gほどですが、ロールパンは2個で4.8g。
    さらに、目玉焼きとウィンナーを油で焼けば、その分油の摂取量はさらに増えてしまいます。

    また、お店でよく売られている一般的なパンは小麦粉からできていますが、
    小麦粉は小麦を粉砕したものなので、粒になっているお米に比べると、早い時間で消化できます。
    消化が早いということは、それだけ空腹になりやすいということです。

    そのうえ朝は、前日の夕食から10時間近くたっているため、胃腸が空になっています。
    つまり、食べ物を良く吸収するということです。
    脂質の多いパンの朝食が太りやすいのは、腸の吸収の良さも関係しているのです。

    以上の理由を踏まえると、ダイエットに効果があるのはご飯食。
    ご飯なら、魚や煮物、納豆などヘルシーなおかずとの組み合わせも増え、
    食品に偏りが出にくくなるので栄養バランスも整います。

    たまにはパンだって食べたくなりますよね。
    そういうときは、糖質・脂質が少ないバゲットやパリジャン、バタール、ブール、エピなどのフランスパンがおすすめです。
    また精製されている白いパンよりも、ライ麦パンや全粒粉パンのように未精製のパンのほうが腹持ちが良い上に栄養価が高くとてもヘルシーです。

    | 健康ひとくちメモ | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://shizendo.blog.fc2.com/tb.php/628-08e2795d

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。