< >健康にも悪影響!?怖い「結露」 くすり自然堂 ★健康ブログ★

    くすり自然堂 ★健康ブログ★

    静岡市内にドラッグストア・調剤薬局を7店舗運営しています

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    >> EDIT

    健康にも悪影響!?怖い「結露」



    冬は一年中でもっとも結露が発生しやすい時期です。
    結露を放っておくと人間の健康にも害があるといわれています。
    結露は健康にどんな悪影響があるのでしょうか?
    また結露を最小限に抑えるにはどうすればいいのでしょうか?

    結露の原因は外が寒く外壁や窓ガラスが冷たくなっている一方で、室内は暖かく空気中の水蒸気量が多いことです。
    さらに冬は窓を閉め切っている時間が長く、換気の回数が少ないため室内に湿気がたまりやすいことも結露しやすい原因といえます。

    結露でぬれた壁や床などを放置しておくと、カビが生えます。
    カビはさまざまな病気の原因になり健康面で住んでいる人に害をおよぼします。
    例えばぜん息の主要な原因物質のひとつがこのカビだと言われています。
    そしてぜん息のもうひとつの主要な原因物質であるダニがこのカビをエサとしているのです。
    そのため、カビが増えればそれをエサとするダニも増えるという悪循環がおこります。
    つまり小さな子どもやお年寄りのいる家庭では、結露がぜん息のリスクをどんどん高くなります。

    結露防止対策としては、第一に換気です。
    換気扇などを使って換気することで、室内の湿気の高い空気を排出することで結露を防止します。
    除湿機や除湿材をつかって、部屋や押入れの湿度を下げるのも効果的です。
    湿度は結露防止にはとても重要なポイントです。
    また、暖房器具を石油ストーブやファンヒーターからエアコンやオイルヒーターなど非燃焼系の暖房器具にするのも結露防止になります。

    冬の外気は湿度が低いため、室内の空気も乾いていると錯覚しがちですが、
    室内の空気は意外に湿度が高く結露が起きやすい状態です。
    人間の健康にも悪影響を結露を及ぼしますので、まず、こまめに換気することを心掛けて下さい。

    | 読者プレゼント | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    http://shizendo.blog.fc2.com/tb.php/679-9d705bb7

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。